セルフリサイクリング推進チーム会則

総則

(名称)

第1条 本会の名称はセルフリサイクリング推進チーム(Self Recycling Promotion Team)とする。なお、本会は非営利団体とするが法人とはしない。

目的及び事業

(目的)

第2条 環境への負荷をできる限り低減するため、OA用紙の循環型社会をセルフリサイクリングによって実現することを目的とする。セルフリサイクリングとは、自ら排出した使用済みOA用紙を100%使用して再生紙を製造し利用することを言う。

(活動)

第3条 本会はセルフリサイクリングを実施する利用者を増やすために会員同士の互助による準セルフリサイクリングやセルフリサイクリングができるような支援活動をおこなう。準セルフリサイクリングとは、自ら排出する使用済みOA用紙のみで再生紙を製造することができない会員同が相互扶助により製造した再生紙を利用することをいう。

(事業)

第4条 本会は次の事業を行う。
(1) OA用紙のセルフリサイクリング推進活動
(2) 広告事業
(3) 物販事業
(4) セルフリサイクリング推進活動に付随する一連の活動

会員

(種別)

第5条 会員は次の3種とする。
(1) 正会員:会費を納入し活動への参加ならびに総会での議決権を有する団体(法人)
(2) 賛助会員:資金援助する団体(法人)
(3) ユーザー会員:セルフリサイクリング活動を実施している団体(法人)

(入会)

第6条 入会を希望する場合はセルフリサイクリングの推進活動に賛同する団体(法人)が入会申込書を提出することで会員になることができる。
2. 入会を希望するものは第7条で定められた入会金を納入する。

(会費)

第7条 会費は次に定める。
(1) 入会金    10,000円
(2) 正会員    30,000円/年
(3) 賛助会員   10,000円/口
(4) ユーザー会員 無料

(会員の義務と権利)

第8条 会員は次の義務と権利を有する。
(1) すべての会員は本会の議決を遵守する。
(2) 会員は本会の活動に積極的に参加する。
(3) すべての会員は第7条で定められた会費を納入する。
(4) すべての会員は各種提案や報告などの情報交換を相互で行うことができる。
(5) 会員は、セルフリサイクリングのロゴの使用権を有する。
(6) 会員の活動をセルフリサイクリングのホームページで紹介する。

(会員の資格喪失ならびに退会)

第9条 会員は退会届を提出した場合資格を喪失する。なお退会は自由にできる。

役員及び組織

(役員)

第10条 本会に以下の役員をおく。
(1) 運営委員は正会員の各団体より1名以上選任する。
(2) 運営委員長1名(運営委員から選出)
2. 運営委員長は本会を代表し会務を統括する。

(種別)

第11条 本会は以下の2種とする。
(1) 運営委員会
(2) 事務局

(運営委員会)

第12条 運営委員会は運営委員にて構成される。
2. 運営委員会は当面の間重要事項を議決する。
3. 運営委員会は全会員出席(代理人または委任状を含む)をもって成立する。
4. 運営委員会は出席者の過半数で議決する。なお、1団体(法人)で複数人の運営委員を選任していても議決権は1票とする。
5. 運営委員会の議事については議事録を作成する。

(事務局)

第13条 本会の業務処理のために事務局をおく。運営委員と兼務してもよい。

(報酬)

第14条 第11条に定める役員は無報酬とする。

資産・会計

(資産の構成)

第15条 本会の資産は次のもので構成する。
(1) 入会金
(2) 年会費
(3) 寄付金
(4) 事業に伴う収入
(5) 資産に伴う収入
(6) その他の収入

(経費の支弁)

第16条 本会の経費は資産を持って充てる。

(活動年度)

第17条 本会の活動年度は毎年9月1日から翌年8月31日とする。

以上

平成25年7月16日 制定